売掛金(売掛債権)ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

ファクタリングと言えば、今ある売掛金(売掛債務)をファクター社(ファクタリング会社)が買取、資金を早く回収することが出来る契約取引の事を言います。

そんなファクタリングのメリットをまずお伝えします。

 予定の入金日よりも早く入金される
 上記の結果、キャッシュフローが良くなる
 バランスシートのスリム化
 売掛金の場合で借金ではない為、銀行への評価も高くなる

また、取引先に対するメリットもあります。

 資金回収への与信リスクになる
 取引先が倒産をしたとしてもある程度の回収が出来る

このような自社を守る為のリスクヘッジとしてもファクタリングはメリットが大きくなっています。

そして最後に、こんな企業に最もファクタリングは利用する価値が高いと言えるのです。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)
 赤字決算、債務超過で借入れ困難、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 ビジネスローンを断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

このように、通常では資金調達が非常に厳しい企業でも、ファクタリングを利用する事によって早期にキャッシュ(現金化)をする事が出来る取引なのです。

ファクタリングというのは、借金(借入れ)ではありません。(※銀行融資との違いは?を参照ください)

この為、上記のような銀行融資を受ける事が難しい企業でも資金調達が出来る手段として注目を集めているのです。

ではファクタリングのデメリットとはどんな事があるのでしょうか?

 ファクタリング会社へ一定の手数料を支払う
 3者間取引を行うケースでは、取引先にファクタリングを利用している事がわかる
 この為、自社に対する信用度合いが薄れる可能性も出てくる

ファクタリングのデメリットとしては、このような事が考えられるのではないでしょうか。

しかし2者間取引を行ってくれるファクタリング会社もたくさん存在しますので、こういった場合は取引先にバレる事もありません。

結論から、ファクタリングを利用するメリットの方が断然大きい!と言えるでしょう。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング