ファクタリングの割引料の勘定科目は?

a0002_003051会社で経理をやっている方の中でも、ファクタリングに関する勘定科目がわかりにくい、どうしたら良いの?という質問がよくあるようです。

ファクタリングは手形同様、割引料が(手数料)が発生するケースがあります。

こうしたファクタリングの割引料(手数料)の勘定科目としては、手形同様「支払利息」で処理をするのが良いでしょう。

ファクタリングの割引料を支払利息で処理をしますので、当然ですが非課税になります。

よくファクタリングと手形がまったく異なった取引、と思っている方も多いようですが、基本的にはあまり変わりません。

またファクタリンの取引手数料の消費税についても非課税になります。

ファクタリングとは、企業の売掛債権を一定の手数料を徴収して買取る行為ですので、金銭債権の譲受けに該当します。

この為、消費税も非課税になる!と言うわけですね。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング