ファクタリングには連帯保証人が必要なのか?

a0002_010996ファクタリング取引と言うのは、融資・借入れではありませんので、基本的には連帯保証人は必要ありません。

どちらかと言うと、自社の審査というよりは、取引先の信用度合いが重要となってくるのです。

売掛金を売却するのがファクタリングですので、その売掛金の信用度(取引先の信用)の方がファクタリング業者からすれば重要になってくるわけです。

これは新規取引先の手形などが不安なのと同じで、ファクタリング業者としても新規取引先の売掛金などは信用度が少なくなるようですね。

逆に、何年も継続して売掛金を支払ってくれる取引先の売掛金ならファクタリング業者としても安心して買取をしてくれる!というわけです。

銀行やビジネスローン、ノンバンクから融資を受けようと思うと、どうしても社長個人が連帯保証人になったりするケースが多くなります。

その為、お金を借りる!という事が本当に大きなリスクを抱えているという事もおわかりかと思います。

ただ資金がないと会社を大きくしたり、新しい取引先を増やして言うことも難しくなります。

こうした時にファクタリングを利用するのもキャッシュ化する為に有効な手段だと言えるのです。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング