ファクタリングと約束手形の違いってなに?

約束手形

今でも約束手形は主流となっている支払い方法ですね。そこで今回は手形割引とファンタリングの違いについてご説明したいと思います。

ファクタリングという言葉は馴染みがないかもしれませんが、約束手形と言うと馴染みがアル方の方が多い事でしょう。

ファクタリングについては、いろいろなページでご説明をしていますが、基本的には約束手形とそこまで大きく変わる事はありません。

両方とも、回収予定の手形を担保として現金を得る方法になります。

一番大きな違いと言うのは、約束手形と言うのは手形を現金化する為に銀行に手形を担保としてお金を借りる形をとります。

その反面、ファクタリングと言うのはファクタリング会社に手形(売掛金)を売却しますので、そのファクタリング会社が売掛債権を回収してくれるのです。

回収不能になるリスクの軽減や、手形のように現金化するのが遅い、と言うことを解消してくれるサービスとして中小企業を中心に利用されるようになった資金調達方法の一つですね。

約束手形はある時期になると現金に変わるのですが、その間に取引先が倒産をする可能性も今のご時勢、十分に考えられます。

これって企業からすれば大きなリスクですよね。

せっかくの売掛金が回収不能に。

考えただけでも怖い話だと思います。ファクタリングでは、間にファクタリング会社が入っていますので、手数料を支払う代わりにリスクも背負ってくれるのです。

これが約束手形とファクタリングの一番の違いになるでしょう。

取引先への与信リスクとしても使える取引ですので、自分の会社を守る為にも利用する企業が増えているのも事実です。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング