ファクタリングと債権譲渡禁止特約の廃止

DZ033_Lファクタリングとは、売掛金(債権)を譲渡する行為になるのですが、実は取引先との契約書に「債権譲渡禁止特約」が付いている場合があり、この特約が付いている契約については、売掛金を譲渡する事が出来ないので、資金調達が出来ないケースがあるのです。

特に大口の取引の時に「債権譲渡禁止特約」は付帯されている事が多いのですが、この債権譲渡禁止特約が廃止される方向で動いているとの事です。

この背景には、債権譲渡禁止特約が付いてることによって、思ったような資金調達が出来ない企業が多く出たためだと言われています。

中小・零細企業間での取引の場合は、比較的「債権譲渡禁止特約」が付いていない事も多いので、ファクタリングは利用出来ます。

ただ債権譲渡禁止特約が付いている取引になりますと、売掛金を勝手に譲渡する事が出来ませんのでファクタリングが事実上利用出来ないという事になってしまうのです。

しかし民法改正により、債権譲渡禁止特約が廃止される方向で動いていますので、今後はファクタリングの利用者も急増するのでは、と予測されています。

ファクタリングの利用をご検討されている企業様は、その取引先との契約書をしっかりと確認する事も大切な事と言えますね。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング