ファクタリングで与信リスクを抑える事が出来る

DZ032_L最近の経済状況から建設業や卸業、小売業の方を中心にリスクを背負って商売をされている方も多くなっています。

どうしても支払いスパンが長い業界ですので、仕事は終わったけど実際に支払われるかどうか?と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

特に新規の取引先になればなるほど、前金で支払ってもらいたいと思うのが今の経済状況でしょう。

そんな与信リスクを抑える方法としてファクタリングを利用される企業も多くなってきています。

ファクタリングと言うのは、売掛金を売買する仕組みですので、取引先には通常通り後払いにしておいて、ファクタリングを利用する事により手数料は取られますが売掛金を先に支払ってもらう、という方法を取るのです。

これによって、売掛金満額は入らなくなりますが、取引先の与信リスクはかなり軽減されるのではないでしょうか。

もちろんファクタリング会社と言うのは、取引先(売掛金のある企業)を審査しますので、あまりにも信用度の少ない売掛金では対応してくれないところもあります。

あまり小さな売上ならファクタリングまで利用する事もないかもしれませんが、そこは取引先の与信リスクと比較をして利用の有無を検討するのもリスクヘッジになるかと思います。

通常、企業間の取引では手形や売掛債権などによる信用取引が大半を占めています。信用取引は企業間の取引ではどうしても欠かせないものなのですが、この経済状況ですので仮に債権回収が遅れたり、回収不能になった場合は、キャッシュが不足する事態にもなりかねません。

債権の回収が出来ないが為に、自社のキャッシュフローが一気に悪化し、経営的にも厳しい状態になる・・・こんな話はよく聞く事です。

の債権回収の遅れや未収を防ぐためには、取引先の実情を把握する与信管理が必須と言えます。売掛金や手形などの債権の回収が出来ないとなると、どうしても法的処置を取らざる終えないのですが、これには費用も時間もかかります。

しかも確実に取れる、という保証はどこにもありません。

こうした取引先の与信リスクをしっかりと管理する為にも、ファクタリングは有効な手段だと言えるのです。全額は取れなくても、ファクタリング会社が背負ってくれる部分もありますので、大打撃!とまでは行かずに済ませる事も出来るのです。

新規で取引先を増やして行きたい反面、このような与信リスクの管理も同時に進めていかなくてはならない時代とも言えるのです。

ファクタリングのメリットとしては、自社のキャッシュフローの改善や資金調達としてが全面に出ている事が多いのですが、実はこうした「自社を守る」という事にでもファクタリングは有効になるのです。

この場合のファクタリングのメリットとしては、

・取引先の与信リスクをファクタリング会社に移せる
・与信管理をしっかりと出来る

このようになります。

 

【ファクタリング.com】では、企業様の考え方や状況に最適なファクタリング会社を見つける事が出来る無料サービスをご紹介しています。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

上記のような事に一つでも当てはまる企業様は、すぐにファクタリング会社に相談される事をお勧めします。

※注意
「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

ファクタリング