ファクタリングは中小・零細企業で今注目を集めている資金調達です!

DZ155_L当サイト「はじめてのファクタリング|ファクタリング契約.com」へようこそ!

当サイトでは、ファクタリングと言う売掛金を売買する資金調達専門の情報サイトになります。

特に中小企業・零細企業の経営者様で、資金繰りが苦しい、キャッシュフローを改善したい、3ヶ月後の売掛金を先に使いたい、などといった思いに最適な資金調達方法としてファクタリング取引が注目を集めています。

ではまず、この「ファクタリング」とはどんな取引なのか?と言うことをご紹介したいと思います。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、企業様(あなた)が保有している売掛金をファクタリング会社が企業様(あなた)に対して償還請求権無しで【完全に買取する】ことにより、企業様に資金を提供する仕組みです。

簡単にご説明しますと、数ヵ月後に入ってくる売掛金(請求書を送り、納品などが完了している)をファクタリング会社に買い取ってもらい、それを先にもらう!という事になります。

このファクタリングを利用する事で、以下のようなメリットが出てきます。

 キャッシュフローの大幅な改善
 支払い義務の発生が無くなる(ファクタリング会社がリスクを負うため)
 バランスシートがスリムになる

通常では数ヶ月先にしか入金されない売掛金というキャッシュが、すぐに入るようになる為、大幅なキャッシュフローの改善になります。

特に大企業とは違い、中小・零細企業を取り巻く資金調達事情は厳しいものがあります。銀行融資を受ける時に連帯保証人にならなくはいけなかったり、不動産などの担保が必要だったり。

かなり大きなリスクを背負いながら資金調達をしているのが現在の中小・零細企業を取り巻く資金調達事情です。

これが大企業にもなれば、投資をしてもらう資金調達も出来るでしょうし、銀行融資に関しても比較的簡単に融資を実行してくれるでしょう。

国も中小・零細企業への資金調達の改善を見込んでおり、その一つが【ファクタリング】という売掛金の売買になるのです。

欧米ではすでに、中小・零細企業の資金調達方法として認知度が高くなっていますが、日本ではまだまだ認知度が低いのが現状とも言えるでしょう。

またファクタリングには次のような大きなメリットもあります。

 銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能
 税金滞納中、借入ブラック、信用情報に問題あり
 銀行融資を断られた
 ビジネスローンを断られた
 追加融資を断られた
 仕入れ先への支払いが追い付かない
 従業員への給料が払えない

ファクタリングと言うのは、銀行などの融資とは違い、売掛金の売買になりますので、与信などの審査方法がまったく違ってきます。どちらかと言うと、取引先(売掛金を支払う会社)を審査する形が多くなっています。

この為、個人情報に傷が付いている方、融資には必須の税金を滞納している企業、などでも資金調達が可能となってくるのです。

これがファクタリングの最大のメリット!と言えるでしょう。

しかしファクタリングと言っても、様々な種類があります。最近では、売掛金の売買のことをファクタリングと呼んでいますが、本来は都銀などが中心で行われている保証ファクタリングや買取ファクタリングといろいろな種類のサービスがあるのですが、【売掛金の売買】の事をファクタリングと緩和して呼ぶようになっているようです。

もちろん、ファクタリング会社には手数料が差し引かれます。その為、本来ならば100万円の売掛金があり、それが期日に入金される予定なのがファクタリングを利用する事で80万円になったりします。(20%の手数料の場合の一例です)

これはファクタリングのデメリットとも言えるかもしれません。

しかし会社と言うのは、キャッシュ(現金)が回っていて初めて成り立つ事だと私は思っています。こういう理由からファクタリングで手数料を差し引かれたとしても、キャッシュフローを早く改善しなくてはならない時には、十分活用する意味があると考えます。

 売上が上げれるのに新しい仕入れが出来ない
 従業員への給料の支払いが迫っている
 追加融資を断られてしまった
 仕入先への支払いが間に合わない
 急な大きな注文に対して対応するキャッシュがない

こんなケースでは、一日でも早くキャッシュを用意する必要が出てきます。

キャッシュフローを早くすることで、売上を上げる事も十分出来ますし、融資を断られた銀行へ再度融資の申請をする事も可能です。(滞納している税金の支払いに充てる事も可能です)

バランスシート(賃借対照表)にも負債としては乗りませんので、銀行に対しての評価も上がります。

ファクタリングを利用する事で、すべての回転が良くなり、企業再生する事も非常に多くなっているのが現実なのです。

中小・零細企業の厳しい資金調達の一つとして、これからはファクタリングが増えていくのは間違いありません。

ただファクタリング会社は現在ではかなり多く存在をするようになってきました。その数多いファクタリング会社から最適なファクタリング業者を見つけるのも至難の業となってしまったのです。

ファクタリング業者によって手数料などかかる費用も変わってきますし、2者間、3者間取引など手段も変わってきます。もちろん資金調達するスピードや限度額なども変わってきますので、当サイトでは一番希望に沿ったファクタリング会社を見つけれくれる【無料サービス】をご紹介しています。

たった10秒の簡単な情報入力をするだけで、最適なファクタリング業者を探してくれ、どのくらいで売掛金を買い取ってくれるのか?などがすぐにわかる非常に便利な無料サービスです。

あなたの資金繰りの悩みを今すぐ解消してください。

※「資金調達プロサポートセンターより、ファクタリングのご説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談をください」

資金調達プロ

ファクタリング対応エリア

北海道地方:北海道
東北地方:青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東地方:茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京都 神奈川
東海地方:新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿地方:三重 滋賀 京都府 大阪府 兵庫 奈良 和歌山
中国地方:鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国地方:徳島 香川 愛媛 高知
九州地方:福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
沖縄地方:沖縄